• ホーム
  • 注文住宅を建てる際に間取りでロストカットする方法

注文住宅を建てる際に間取りでロストカットする方法

2019年09月29日
不動産スタッフと話している男性

コストをなるべくカットして素敵な家を建てたい、そんな場合には間取りに注目をしてみましょう。間取りや延床面積は、注文住宅のコストと大きく関係しています。

コストダウンを重視して家を建てるなら、延床面積はなるべく小さい方が良いといえるでしょう。延床面積とは、その家のすべての階の床面積を合計したものです。この数字が大きくなると、それだけ建築にかかる費用も大きくなるといわれています。不必要な部分は削り、延床面積をある程度抑えておけば、建築にかかるコストを減らすことができるでしょう。

複雑な間取りにしてしまうと、費用が増加しやすくなってしまいます。複雑な間取りは、屋根や外壁の構造にも影響を及ぼすためです。コストをなるべく減らしたいのなら、正方形を意識して間取りを決めていくのが良いでしょう。正方形でシンプルな形状の家なら、内装と外装、両方にかかるコストを抑えることができます。

建築のコストに関わるもう一つの要素として、間仕切り壁が挙げられるでしょう。間仕切り壁の数を減らせば、それだけ費用を安くあげることができます。間仕切り壁を減らせば、家の中が広々とした印象になるのも魅力です。部屋数は少なくなってしまいますが、後にリフォームをして間仕切り壁を設置する、といったこともできます。子育て世帯の場合、子供の成長に合わせて後から間仕切り壁を作り、一人部屋を与えるという選択肢もあるでしょう。

水回り設備を家のどこに設置するか、というのも重要な問題です。キッチンやバスルームといった水回り設備には、配管が必要となります。このため水回り設備を一箇所にまとめると、配管工事にかかるコストを抑えることが可能です。水回り設備は生活の上で重要となるものですので、コストと使いやすさ、2つのポイントを考慮して間取りを決定していきましょう。

ハウスメーカーは通常、キッチンやバスルームなどの設備について、複数のパターンを用意しています。施主のニーズに応えられるよう、グレードが高い高価なものからお手頃価格のものまで、対応できるよう備えているのです。グレードにこだわらないのなら、価格の安いパターンを選択すれば、水回り設備にかかるコストを大きく抑えることができるでしょう。

間仕切り壁の数や延床面積など、間取りにはコストと大きく関わるポイントがいくつも存在しています。暮らしやすさと費用の両面から比較を行い、選択をしていくことが大切です。